時短料理と身体のためにやっておきたい事

昨日はボーンブロスをベースに冷凍しておいた里芋と白菜と
牡蠣のオイル漬けを入れて、豆乳と白味噌で和風シチューに。



里芋をちょっと大きめと小さく切った2パターンにすると
小さい里芋が崩れて、トロミの代わりにもなるんだよね👍



🍀ボーンブロス→作り置きして冷凍
🍀里芋→茹でて冷凍しておいた
🍀牡蠣のオイル漬け→私の酒のつまみ用
🍀白菜→冷蔵庫にあった



はい、あるものだけで作ったわけです



ボーンブロスからはいい出汁が出てるし
里芋も冷凍のまま入れればあっという間に解凍される。
牡蠣のオイル漬けもそのまま食べられるしね。



材料入れて温めて味を整えるだけなので
10分もかからなかったかも😆



日々の楽する為にどこかで時間を費やす事は惜しみません🤣



作り置きも便利だけど、作ってから劣化が進むので、
作る→温めて食べるという流れを!



簡単な下ごしらえや食材を発酵させる→簡単時短調理
に変えてみるのもオススメです



ボーンブロスは、腸を強くするスープとも言われています。
腸の状態が良くなければせっかく身体によいものを食べても
きちんと消化吸収されないんです。



様々な身体の不調の原因も腸が大きく関係していることも。



腸には免疫細胞もたくさん❗️
食べた物が栄養となる。免疫力を高める。
その為にも腸の状態を良くして、まずは身体の土台を作ってあげる



肉や魚や野菜を発酵させて置く事で
消化しやすい状態にしてくれるので
身体に入ってからの負担が少なくなります。



これも身体の土台作りの大きなサポート役


自分の身体の為と普段の調理の時短。
その為だったら、ほんのひと手間も苦じゃなくなるんじゃないかな?

タイトルとURLをコピーしました