冬は早く寝て遅く起きるのが理想的

東洋医学の書物には
冬は早く寝て遅めに起きるとよい
とあります。



冬になるとカラダは
体温や血圧を一定に保つために
フル活動しいて頑張っているから
いつもより長めの睡眠をとって
休息する必要があるんですね✨



熊などの哺乳類が冬眠するのも
きっと本能でそれを実行しているんだろうね。



が❗️が❗️が❗️



我が家の次男、仕事が早いので
ほぼ毎日4:30起床。
私がね💦



4時半に起こさないといけないんですよ。
自分で起きて出社して欲しいけど
「起こしてね」と言われちゃうと
お母ちゃん、起こしちゃう(笑)🤣



なので、この東洋医学的
冬の睡眠がなかなか実現出来ない😱



早く寝て早く起きるのが現実。
もしくは最近は特に
遅く寝て早く起きる状態。



なので最近、起きれないんです。
そして今日、思いっきり寝坊しました😱



息子のドタバタで時計を見たら6時!
オーマイガッ‼️😱‼️😱‼️
ごめんチャイ🙇‍♀️



東洋医学的に時間と内臓の関係があります。
この時間には、この臓を休ませましょうみたいな。
やっぱり6時間くらいの睡眠時間は必要となってくる。



ここはまた次回、お話するとして
とにかく、冬は他の季節より
ちょっと長めに睡眠時間をとっていきましょうね。😊


🍀写真は昨夜のうちのニャンコ先生。
ニャンコ先生に強制終了かけられたのに
無理矢理移動してPC仕事に没頭。
だから私、寝坊したんだわ・・・💦
教えてくれたのにね。

タイトルとURLをコピーしました